タグ : WordPress

SwfObj Plugin: for embedding Flash objects | 投稿にFlashのSWFファイルを埋め込むプラグイン

この記事の所要時間: 10

SwfObj Plugin: for embedding Flash objectsは、投稿にFlashのSWFファイルを簡単に埋め込むことができるプラグインです。

SwfObj Plugin: for embedding Flash objectsのダウンロード&インストール

プラグインの新規追加画面で、SwfObjで検索。
インストールして有効化します。

SwfObj Plugin: for embedding Flash objectsの使い方

インストールして有効化すると、投稿画面のタイトルの下、画像や動画追加ボタンが並んでいる場所の一番右にAdd Flash contentというボタンが追加されます。
swfを埋め込むには、Add Flash contentをクリックして画像を追加する要領でswfを設定。
設定が終わったら”投稿に挿入”を押すと↓のようなショートコードが追加され、Flashが埋めこまれます。

[swfobj src=”swfファイルのパス” width=”横幅” height=”縦幅”]


MightyAdsense | 簡単にアフィリエイト広告を追加できるWordPressのプラグイン

この記事の所要時間: 122

MightyAdsenseは、投稿や固定ページの上下にGoogleアドセンス等のアフィリエイト広告を簡単に追加できるプラグインです。

MightyAdsenseのダウンロード&インストール

⇒プラグインのダウンロードはこちら
ダウンロードしたmightyadsense.zipを解凍して、pluginフォルダにアップロードして、プラグインの管理画面で有効化します。

MightyAdsenseの設定

有効化が完了すると設定タブにMightyAdsenseが追加され、それをクリックすると設定画面が開きます。

上に、SELECT CODE SETというのが10個あり、[Set #1] [Set #2] [Set #3] ・・・ [Set #10]それぞれに広告のソースコードが登録できます。

ソースコードを貼りつけたら、Show This Ads?にチェックをつけて、Allignment of Adsで広告の表示位置を決めたらUpdate optionsをクリックして保存。

Code Set ConfigurationのPost #は、トップページやアーカイブページなど複数の投稿が並んでいるページで何番目の投稿にどのSetを表示させるかの設定。Pagesは固定ページ、Single Pageは単一投稿ページの設定です。

ちなみに、アフィリエイト広告以外でも使えるので、例えば、お気に入り追加ボタンやLikeボタンを投稿の最後に追加するなど、テンプレートを変更するのが苦手な人にも便利ですね。

neutral | WordPressのおすすめ無料テーマ

この記事の所要時間: 07


neutral DEMO | DOWNLOAD

癒し系です。日本語対応。

Piano Black | WordPressのおすすめ無料テーマ

この記事の所要時間: 06


Piano Black Demo | Download

Modicus Remix | WordPressのおすすめ無料テーマ

この記事の所要時間: 06


Modicus Remix DEMO | DOWNLOAD