タグ : WordPress

Connections | WordPressのおすすめ無料テーマ

この記事の所要時間: 014


Connections Download | View Demo
468*60と125*125のバナースペースが用意されてます。
アーカイブページにもサムネイルが表示されるのはいいですね。

destyle | WordPressのおすすめ無料テーマ

この記事の所要時間: 06

destyle Download | View Demo

Blogum | WordPressのおすすめ無料テーマ

この記事の所要時間: 014


Blogum
白ベースのシンプルなテンプレート。ブラウザの枠下に隠れているイメージが、スクロールしていくとフェードインしてくる演出が気持ちいいです。
Download | View Demo

WP-Rakuten-Link | 楽天市場、楽天ブックスの商品紹介を挿入するプラグイン

この記事の所要時間: 153

WP-Rakuten-Linkは、楽天が提供しているAPIを使用し、エントリ内に指定した楽天市場、楽天ブックスの商品紹介を挿入するプラグインです。
このプラグインをインストールすると、投稿画面で楽天の商品を検索して、エントリ内に簡単に挿入することができるようになります。

WP-Rakuten-Linkのダウンロードとインストール

プラグインのダウンロードはこちら(作者サイト)。ダウンロード後、wp-rakuten-link.zipを解凍して /wp-content/plugins/ にフォルダごとアップロードします。

アップロードしたら、wp-rakuten-linkフォルダ内にあるcacheフォルダのパーミッションを777とか707とかに変更して、書き込みができるようにしてください。
その際、rew-san.cssのパーミッションも同じように変更しておくといいです。(理由は後述)

アップロードとパーミッションの変更が終わったら、プラグインの管理画面で“WP Rakuten Link“を有効化します。

WP-Rakuten-Linkの使い方

設定には楽天デベロッパーID楽天アフィリエイトIDが必要なので、楽天ウェブサービスで確認or取得してください。
確認したら、設定タブ⇒WP Rakuten Linkに移動して、楽天デベロッパーIDと楽天アフィリエイトIDを入力。必要に応じてその他の項目も設定します。

インストールが完了すると、投稿画面の下に楽天市場 商品検索というタブが追加されるので、そこで商品を検索して挿入を押すと、投稿エリアにショートコードが追加され、公開すると商品が表示されます。

↓↓↓

Error: Suspended

表示のさせ方はプラグインのフォルダ内にあるrew-san.cssで変更できます。
なので、最初にアップロードしたときにこのCSSファイルもパーミッションを変更しておけば、管理画面のプラグイン⇒プラグイン編集⇒wp-rakuten-link⇒rew-san.cssからCSSが変更できるというわけです。

Twitter Follow Me Box | Twitterのフォローミーボタンを簡単に追加できるプラグイン

この記事の所要時間: 056

Twitterユーザーならぜひ入れておきたいプラグイン。Twitter Follow Me Boxを使えば、簡単にTwitterのフォローミーボタンをサイトに追加することができます。
表示位置はブラウザの端に固定なので、サイトのデザインに変更を加える必要もありません。

Twitter Follow Me Boxのダウンロード&インストール

プラグインの新規追加画面で、Twitter Follow Me Boxで検索。
一番上に出てくると思うので、インストールして有効化してください。

Twitter Follow Me Boxの設定

インストール&有効化が完了すると、管理画面の設定タブにFollow Me Optionsが追加されます。
その設定画面を開いたら、Enableにチェックをつけて、Twitter Accountにアカウント名を記入。
必要に応じて、ボタンの色や表示位置を調整して、変更を保存すればOK。
フォローミーボタンが追加されます。