タグ : WordPress

【超簡単】CORESERVERで所有者がApacheのフォルダ・ファイルの削除方法

この記事の所要時間: 053

WordPressを使っていると、所有者がapacheのディレクトリやファイルが作られ、変更や削除ができなくなって困ることがあります。
私のケースでは、新たにWordpressをインストールした後、画像をアップロードする時などにエラーが出て、確認するとuploadsフォルダ以下がパーミッションの変更も削除もできないということが度々ありました。

これまではネットで調べてPHPやCGIファイルを作って削除していましたが、このたび、簡単な方法が見つかりましたので備忘録。

CORESERVERの場合
まず、CORESERVERの管理画面にログインします。
左の管理メニューにある「ツール」をクリック。
スクリーンショット-2014-07-06-14.43.25

次に、「ファイ所有者の修正」をクリックして、待つこと数分。
スクリーンショット-2014-07-06-14.45.14

これで、所有者が自分以外のフォルダ・ファイルの所有者がすべて変更され、変更・削除が可能になります。

簡単過ぎて、今までの苦労は何だったのか・・・。

Dazzling | WordPressのおすすめ無料テーマ

この記事の所要時間: 09

Dazzling Download | View Demo

Colorlibのテーマも、無料ながらどれも秀逸。

Instamate | WordPressのおすすめ有料テーマ

この記事の所要時間: 023

Instamate
Graph Paper Pressのテーマもかな〜りレベルが高いです。
初めて購入に踏み切った有料のテーマがコレ。
ここのテーマは、フォトブログにはすごくいいです。

年間利用料を払うとすべてダウンロードできますが、
他にも目移りするものばかりで・・・。

 Gridspace

Immersion

Sight | WordPressのおすすめ無料テーマ

この記事の所要時間: 010

Sight Download | View Demo
WPShowerのテーマは、無料のものでもかなりレベルが高いです。

amazlet | サイトのデザインに合うAmazonの商品リンクを作成できるツール

この記事の所要時間: 150


amazletは、Amazonのアフィリエイトの商品リンクを簡単に作成するためのツールです。

Amazonアソシエイト(アフィリエイト)の商品リンクは管理画面やツールバーで簡単につくることができますが、形が決まっているので、サイトのデザインに合わないことも良くあります。

そんな時に重宝するのが、amazlet
このツールを使えば、CSSを使ったamazonの商品リンクを書きだしてくれるので、後はサイトのデザインに合わせてCSSを設定すれば、商品リンクのデザインやレイアウトを好きなように変更することができます。
プラグインでもないので導入も簡単です。

amazletの使い方

↓にアクセスして、「セットアップ」をクリック。
http://app.bloghackers.net/amazlet/

AmazonアソシエイトIDを入力して「次へ」をクリックすると、amazlet it!というブックマークレットが作られ、それをブックマークへ登録すれば設定完了です。

セットアップが終わったら、リンクを作成したいAmazonの商品ページを開いて登録したブックマークレットをクリック。別ウインドウが開いて商品リンクのソースコードが作られるので、それをコピーして、投稿などに貼り付けましょう。

↓サンプル

Creative マイク付きヘッドホン EP-630i
クリエイティブ・メディア (2008-09-27)
売り上げランキング: 447

 

デザインの変更は、amazletのソースコードに使われているcss(class)を、使っているテーマのcssファイルへ登録して個別に設定すればOK。
もちろん、デフォルトのまま使っても構いません。

一つ不満を挙げるとすれば、標準の商品リンクやWP-Rakuten-Linkのような価格情報が入らないということでしょうか。

ボク個人としては見た目のほうが気にになるので、amazletを使うことが多いですね。

1 / 912345...最後 »