タグ : ハッスルサーバー

WordPressインストール用に、MySQLのデータベースを作成する(ハッスルサーバー)

この記事の所要時間: 157

WordPressは、MovableType同様、MySQLというデータベースを使います。
使ったことがない方も多いかもしれませんが、WordPressでMySQLを操作するのはインストール時と、バックアップの時だけで、特に難しいことはありません。

このページでは、WordPressをインストールするための準備として、ハッスルサーバーでのMySQLデータベースの作成方法について、図を入れながらわかりやすく解説します。

MySQLデータベースの作成方法(ハッスルサーバー)

  1. ハッスルサーバーの[コントロールパネル]にログインして、データベースの[MySQL5※]をクリック
    MySQLデータベースの作成(ハッスルサーバー)
    ※ハッスルサーバーでは、MySQL 4.0.xとMySQL 5.0.xの2つのMySQLが使えます。どちらでもWordPressはインストールできますが、WordPress2.9以降はMySQL4.1.2以上でないとインストールできないので、最新のWordPressを使いたい場合はMySQL 5.0.xを使う必要があります。

  2. [データベースを作成する]をクリック
    MySQLを作成する(ハッスルサーバー)

  3. MySQLデータベースが作成され、下の画面が表示されます。
    MySQLデータベースの作成(ハッスルサーバー)
    WordPressのインストール時に必要になるので、

    • MySQLサーバー名
    • MySQLデータベース名
    • MySQLユーザー名

    をメモした後、データベース用パスワードを変更します。「新しいパスワード」を2カ所入力し、必ずメモを取って、「変更」をクリックします。

以上でMySQLデータベースの作成は完了です。
簡単すぎて、解説の必要もありませんね(笑)

上の注意書きにも書きましたが、ハッスルサーバーはMySQL 4.0.xとMySQL 5.0.xの2つのMySQLが使えます。
つまり、ひとつのサーバーで2つのWordPressがインストールできるので、以前の記事で書いた「サブドメインの設定方法」を使ってひとつのレンタルサーバーで2つのブログを開設すれば、サーバーのコストは半分で済みます。WordPress用のレンタルサーバー選びには、MySQLがいくつ使えるかというのも重要なポイントですね。