タグ : サイトマップ

WordPressでサイトマップを自動生成するプラグイン Google (XML) Sitemaps Generator for WordPress

この記事の所要時間: 247

SEO的には、Google用(XML)サイトマップファイルの作成と以下のツールへの登録は今や必須のSEO対策ですね。
Yahoo!検索 サイトエクスプローラー
Googleウェブマスターツール
Bing Webmaster Center

Google (XML) Sitemaps Generator for WordPress は、WordPressでXML準拠のGoogle用サイトマップファイルを自動生成してくれるプラグイン。”Google用”となっていますが、もちろんYahoo!検索 サイトエクスプローラー、Bing Webmaster Centerにも対応したサイトマップファイルを生成できます。

Google (XML) Sitemaps Generator for WordPress のインストール方法

  1. プラグインのインストール画面(プラグイン > 新規追加)で、「sitemap」で検索
  2. Google XML Sitemaps が一番上に表示されると思うので、それをインストール
  3. WordPressがインストールされているディレクトリに

    sitemap.xml
    sitemap.xml.gz

    という2つの空のファイルを作成。パーミッションを「606」か「666」に設定する

  4. プラグインの管理画面(プラグイン > インストール済み)で、 Google XML Sitemaps を有効化

Google (XML) Sitemaps Generator for WordPress の設定方法

  1. 設定 > XML-Sitemap に移動して、必要であれば詳細設定を変更します
    基本的にはデフォルトの設定で問題ありませんが、私は
    【投稿の優先順位】  優先順位を自動的に計算しない を選択
      ※コメントの多いブログであれば、設定の変更は必要ないでしょう。
    【Sitemapコンテンツ】 カテゴリーページを含める にチェックを追加
    という設定に変更しています。
  2. 設定を変更したら 設定を更新 をクリックして設定を保存
  3. 最後に、設定画面の上のほうにある サイトマップを最構築する をクリックします

以上の作業でサイトマップファイル sitemap.xml sitemap.xml.gz が更新されていたら設定完了です。GoogleウェブマスターツールやYahoo!検索 サイトエクスプローラー、Bing Webmaster Centerにサイトマップを登録しておきましょう。

Google (XML) Sitemaps Generator for WordPressのトラブルシューティング

サイトマップを最構築する をクリックしても sitemap.xml sitemap.xml.gz が更新されない場合は、この2つのファイルのパーミッションか、WordPressのインストールされているディレクトリのパーミッションが正しく設定されていないことが主な原因です。
パーミッションの設定は、サーバーによって多少異なるので、707等に変更してみてください。
※ 777にはしないように!