Similar Posts | WordPressで関連記事を表示させるプラグイン

この記事の所要時間: 237

Similar Postsは、投稿した記事に関連する記事を自動的に表示させるプラグイン。
設定さえちゃんとやってれば、精度はかなり高いですね。

Similar Posts のダウンロードとインストール方法

Similar Postsを導入するには、別途「Post-Plugin Library」というプラグインも必要になります。
管理画面内の プラグイン > 新規追加 で、「Similar Posts」「Post-Plugin Library」で検索すると出てくるので、そこからインストールして有効化してください。
こちらからもダウンロード可能。

 

Similar Posts の設定

Similar Posts General SettingsGeneral Settings
変更するのはNumber of posts to show:(表示させる関連記事の数)くらいですかね。
Match the current post’s category?、Match the current post’s tags?をYesにすると同一カテゴリ内、同一タグ内のみの関連記事表示となるので、Noにしておいたほうがいいですね。

 

Similar Posts Output SettingsOutput Settings
関連記事の表示の仕方を設定します。
必要に応じて「Available Tags」に並んでいるタグを使って、Output template:の中を編集します。
ちなみに、このブログでは↓このようにしています。

  • {link} ({postviews}views)

  • Similar Posts Placement SettingsPlacement Settings
    Output after post:をYesにすれば、投稿した記事の後に関連記事を表示させることできます。
    ここをNoにしていても、以下のタグをテンプレート(テーマ)に挿入することで、どこにでも関連記事を挿入することができます。

     

    Similar Posts Other SettingsOther Settings
    Relative importance of: の比率を変えることで、どの部分の関連度を重視するかが設定できます。
    この部分の設定は記事の書き方にも左右されると思うので、それぞれ、自分のサイトに合わせて調整が必要かもしれません。

     

    Similar Posts Manage IndexManage Index
    日本語などマルチバイト文字を含むブログであれば、
    Handle extended characters?
    Treat as Chinese, Korean, or Japanese?
    はYesに設定。

     

    最低限、このあたりを設定しておけばちゃんと動いてくれるはずです。

    関連記事

    1. コメントはまだありません。

    1. トラックバックはまだありません。