Advertising Manager | Googleアドセンスやバナー広告を管理するプラグイン

この記事の所要時間: 250

WordPressでGoogleアドセンス等のアフィリエイトをはじめたい方におすすめのプラグインのひとつが、Advertising Managerです。

バナー広告管理用のプラグインはたくさんありますが、Advertising Managerのいいところは、ズバリ高機能!
広告の表示場所の管理はもちろん、広告毎の配信頻度や、1ページあたりの広告数などが簡単に設定できます。

Advertising Managerのインストール

プラグインの新規追加画面で、”Advertising Manager”で検索すると出てきます。
そのままインストールして有効化。

Advertising Managerの使い方

インストールすると、管理画面の左のメニューに”Ads”というタブが追加されます。
 Edit : 登録済み広告の編集  Create New : 広告の新規追加

広告の新規追加は、Create Newをクリックしてテキストエリアに広告のソースコードをペーストしたら、”Import”をクリック。

Googleアドセンスだと自動的に認識されて、Account IDや広告サイズなど、いくつかの項目が埋められています。
最低限変更しておいたほうがいいのは広告名くらいですが、広告の表示場所を広告名にしておくと、バナー広告を変えたくなった時なんかにわかりやすいと思います。

その他、詳細設定でよく使うのは↓2つあたり。
・Acount Details > Max Ads Per Page 1ページあたりの広告表示数
・Website Display Options > By Page Type どのページに広告を表示させるか

ちなみに、登録する広告名は同じ名前で複数登録できるので、例えば、記事の一覧ページと単一ページ、アーカイブページ等で、記事の下など同じ場所にそれぞれ違う広告を表示させるなんてこともできます。

広告に対してスタイルシートをかけたいときは、Code > HTML Code Before / After にDIVタグ等を入れて、CSSにコードを追加すればOK。

設定が完了したら、”Save”で保存します。

広告の登録が終わったら、広告を表示させたい場所にコードを入れるのですが、入れ方は3種類。

投稿/固定ページに広告を表示させる場合

投稿画面に”Insert Ad…”というプルダウンメニューがあり、登録済みの広告が表示されます。
表示させたい広告を選ぶとショートコードが追加され、設定完了。

サイドバー等、ウィジェットエリアに広告を表示させる場合

ウィジェットの設定画面に”Advertisement”というウィジェットが追加されているので、それをウィジェットエリアにドラグ&ドロップ。表示させたい広告を選んで設定完了。

その他の場所に広告を表示させる場合

テンプレートに以下のコードを追加します。

以上が主な使い方です。

アフィリエイトでは、効果を見ながらバナー広告を変えたりすることも効果UPにつながるので、
この手の広告管理用プラグインは必須アイテムですね。

関連記事

  1. コメントはまだありません。

  1. 2011年 9月 8日
    トラックバック先 :広告 | creator.ndesighn